HOME SWEET HOME  *大屋根の小さなおうち* pecorihome.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

おうち完成までの記録と     楽しいお庭づくり


by pecori
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

恐れていたコトが起こりました(>_<)


こんにちは… pecoriです

f0330654_13302942.png
今日はちょっと暗い感じでスタートしますよっ

先日のアクロティーク事件からまだあまり時間も経っていないのに
とても不本意ですが 新しい愚痴ネタになってしまいます
気分を悪くされそうな方はスルーでお願いします

昨日の記事 に書いた キッチンの目地が
本来はライトグレーなのに白目地に間違えられてたっ…
という件についてです

間違えて入ってた白目地を削って、ライトグレーの目地を入れる…
というにやり直し方法になったそうで
そんなことしてタイルって傷まないの?
と私 素朴な疑問を抱いたんですね

だから不安になって昨日 現場に行ってみました

やややややっぱりね!
予感的中ですよ!!

やっぱり目地を削ったせいだと思うんですが、タイルがところどころ
剥げてる部分があるんです(☼ Д ☼)
f0330654_19271224.jpg

このタイル もともとこういう作りではないんです~(´Д`;)
だってこのタイルです
f0330654_07434793.jpg
ナミナミはしてるけど、フチはキレイに仕上がってるんです

だけど…こうなっちゃってます
剥げだけでなく カケも…((((;゚Д゚)))))))
f0330654_19272713.jpg
いくらなんでも、これは我慢すべきではないですねっ
ライトグレーの目地が入る前になんとかしなくちゃっ

…と思いデコさんにさっそく連絡ですよっ

結局 新しいタイルを取り寄せて、タイルごと剥がして
貼り直すことになるようです

キレイに直るんだったら私的にはOKです

でもね
でもですよ

私のモヤモヤの種は
なぜ間違えて白目地が入ったか? …という部分です

仕様書には “タイルキッチン目地 ライトグレー” としっかり記載されてます

それが先日 他のタイル部分(玄関土間&シューズボックス上)の
目地幅と目地色の打ち合わせを現場でした際
“キッチンは白目地に変更になった”
と 職人さんもデコさんも勘違いしたから…

だそうです ( ̄_ ̄ i)

言った言わないの話になるから やめようかと思ったけど
やっぱり言わせて! (結局言うんですね?)

白目地にチェンジと私が言ったから…ってことになってますが(๑•﹏•)

そんなこと 一言も言ってませんし思ってもいないですよ
もっと他に言いたいコトありますけど やめておきます


以前の記事 キッチンのカウンタートップはタイル?人大? でも宣言した通り、
“キッチンはライトグレーの目地”
っていうのは私の中で、契約前からずっと変わらないんです

せっかく作業してくださった職人さんが
タイルの目地を剥がし
そしてタイルも剥がすことになり
さらには新しいタイルを貼り直す…

私が職人さんだったらどう思うかな


きちんと確認していれば防げたミスは

施主もつらいんですよ とっても!



たとえそれがやり直せることだとしても…
剥がされてカケてしまったタイル達も 行き場をなくして可愛そうです…


本当はね 今日お休みでノリノリで現場に行きたい所なんですけどね

なんだか職人さんと顔を合わせるのがつらいな…と思ってます
堂々としてたらいいんですか?

最近いろいろ “違うんですけどっ” ていう部分が多くなってます
これって仕方ない所なんでしょうか?

そうは言っても、こちらがその間違い部分を指摘すると
すぐに動いてくださるデコさんには感謝しています
それは本当にありがたいですね


そうそう塗り壁が一部 始まってましたよ
f0330654_19535246.jpg

コテムラたっぷり粗々バージョンでお願いしています♪
今日も塗りですね きっと♫

ポジティブにいきたいですよ 私 (*’ー’*) 
だってせっかくのおうち作り!
ちょっと気分変えないとっ!!

ふなっしー♡見て元気出そうっと

f0330654_19580791.png
ふなっしー抱き枕 送料込で¥2270って…
惹かれるわ♪

更新の励みになりますので
ゾウさんをポチっとしてくださるとウレシイです
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
[PR]
by pecorihome | 2014-05-30 07:36 | 現場日記